防犯対策にも有効│玉砂利ら便利な道具を庭に施工する応用テクニック

ガーデニング

気分一新できる

なぜ雑草が生え草刈をしなければならないのか

草刈り

見渡す限りの雑草を見ているともういやになってしまいます。また、草刈をしなければならないのか、もうしんどいよって思わず愚痴の一つも出したくなってきます。 なぜ雑草は生えるのでしょうか、とても素朴な疑問です。それは雑草の生えている土地に雑草の種が落ちているからです。雑草の芽が芽生え大きくなるからこそ雑草になるのです。土の中から雑草の種をなくしてしまえば雑草は生えてこないのです。逆に言えば土の中に雑草の種がなければ草刈をする必要がないのです。それはわかるのだがという人もたくさんいると思います。 それでは土の中の種をなくしてしまうにはどうすればいいのでしょうか。みなさん草刈の辛さから解放されたいとおもいませんか。

種からの発芽を抑制する

残念ながら土の中の種をなくすことはできません。なぜなら種自体もともと土の中にあるものや、風で飛ばされてくるもの、はたまた動物に運ばれてくるものなど様々だからです。ただその種の発芽を抑制し雑草の成長を遅らせる農薬があります。それを使うことにっより草刈の頻度を半分にすることができます。草刈をする時間が半減するため、労力や経済的に大変なメリットがあります。 また草取りがいらない砂なども出回っておりそれを敷き詰めることにより約5年も草の発芽を抑えることができるそうです。草刈の後すぐに除草剤を散布するのも有効な手段です。 雑草は完全にゼロにすることは難しいためこれらの農薬.資材を使い分け雑草と共生するのが本来の人間の姿かもしれませんね。